スポンサードリンク

ドキュメンタリー ドラマ-韓国史記-キャスト-登場人物

「韓国ドラマ-韓国史記-キャスト」


スポンサーリンク



「韓国史記」

韓国ドラマは日本のドラマとは異なる独特の魅力があって、韓流ブームが叫ばれていた頃よりは人気が落ち着いては来たものの、現在の日本にも熱心なファンはまだ大勢います。

韓国ドラマはNHKなどの地上波チャンネルでも放映がないわけではありませんが、BSのチャンネルでは何本もの韓国ドラマが放映されていますし、またCSの専門チャンネルなどと契約すれば、

もっと多くの作品を見ることができます。

日本の韓国ドラマ専門チャンネルで放映される数多くの作品の中でも、一際異彩を放っていため、放映が開始される前からすでに多くのファンから注目を受けたものに、韓国史記というタイトルのドキュメンタリードラマがあります。

この韓国史記はタイトルからも予想されるように、韓国の歴史をテーマとした作品ではあるのですが、それが異彩を放っていると言える大きな特徴は、色々な作品で描かれてきた王朝がすでに存在している時代ではなく、

旧石器時代から新羅によって三国が統一されるまでという、とても古い時代を舞台としている点です。


スポンサーリンク



この作品は登場人物がその時代によって変わるため、多くのキャストが参加しています。

その中でも、まだ文明が発達していない時代を描いた序盤のメインキャラクターとなるモジャルラを演じるのは、端正なマスクが魅力の俳優チョン・ユヒョンです。

そのモジャルラが所属する部族のリーダーであるサンチョジャグクを演じるのは、個性的な顔立ちをしている中堅俳優のチン・ヨンウクで、モジャルラの恋人役を演じるのはイ・ブンホンです。

国家が誕生した時代である第3話のメインキャラクター、自らを王と称するジュンワンを演じるのはカン・スホ、彼に反逆する元家臣で、衛氏朝鮮の初代王となるウィマンを演じるのはイ・スンフンと、

このエピソードには渋めのキャストが参加しています。

高句麗の建国を描く第4話のメインキャラクター、建国者チュモンをチョ・ジャンホが、その妻で後に百済を建国することになるソソノをウ・ダヨンが演じるといったように、

この作品ではその後も目が離せないキャスティングが続いて行きます。

「韓国史記-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-韓国史記-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加