スポンサードリンク

韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ-8話~10話-感想付き

花郎(ファラン)  -画像

「韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ」


スポンサーリンク



「花郎-ファラン-あらすじ-8話」

花郎-ファランの8話では、アロがソヌを実の兄ではないと確信します。

恋心を抱いていたソヌが兄じゃなければいいと願っていたアロですが、裏切られたような気持ちも強いようです。

今回も、パルリュはパク・ヨンシルに利用される役回りから抜け出せそうにありません。

家の存続のために、汚い手を使わなければいけない状態に陥ってしまったパルリュの今後の決断が気になります。

パルはスヨンに惹かれているようで、今後の展開に注目です。

「花郎-ファラン-あらすじ-9話」

韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ(9話)は、ストーリーの背景は1500年前になります。

その当時、新羅の首都であるソラボルで活躍した花のような男たちを中心に展開します。

花のような美しい男たちは「花郎」と呼ばれ、その花郎たちの熱い情熱と愛、そして目覚しい成長が描かれます。

本格的な青春時代劇で、花郎たちのキャラクターが生き生きと表現されていて、世界観にしっかりと浸ることができます。

当時の宮廷生活も見所の一つです。


スポンサーリンク



「花郎-ファラン-あらすじ-10話」

花郎-ファランの10話のあらすじです。

楽器を壊してしまったのは、花郎になることができなかったカンソンでした。

しかし、楽器がなくても公演は成功し、ヨンシルは腹を立てて会場を去ることになります。

アロは、皇后の護衛によって袋に入れられて、連れ去られます。

アロの危険を知ったサムメクジョンは、護衛を追っていきます。

皇后は、アロに王を見たのか質問します。

王の顔を見た人間は殺害されると知っているアロですが、正直に答えるしかありません。

護衛の刀がアロに向けられ、切られそうになる瞬間に、サムメクジョンが救いにやってきます。

怒り心頭の皇后に対して、サムメクジョンは、自分が王だと宣言します。

ソヌは、無事に帰ってきたサムメクジョンとアロを見つけて、駆け寄ります。

アロは無視して去ろうとしますが、ソヌはアロの手を引いて、マンムンの墓に行きます。

ソヌは、アロに自分が生きていてすまないと謝ります。

アロは、兄と認めないと言いますが、ソヌはアロを守ると言います。

その後、皇后の兄がアンジ公のところへ訪ねてきます。

皇后の兄は、皇后がアロを狙っていると知らせます。

ソヌは、馬から矢を射る訓練をしていて、その姿を陰からアロが見守っています。

ソヌは、馬に乗っている時に、失神してしまい、落馬します。

その姿を見て、ソヌが死んでしまったと勘違いしたアロは、ソヌに人工呼吸をして自分の素直な気持ちを告白します。

すると、起き上がったソヌは、アロにキスをします。

「花郎-ファラン-あらすじ-感想」

10話のみどころは、ソヌとアロのキスです。

驚きましたが、良かったと思います。

「花郎-ファラン-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-花郎-ファラン-キャスト

「花郎-ファラン-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ-全話一覧


スポンサーリンク



おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加