スポンサードリンク

韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ-5話~7話-感想付き

花郎(ファラン)  -画像

「韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ」


スポンサーリンク



「花郎-ファラン-あらすじ-5話」

ムミョンとサムメクジュンは意識を失っている間に捕らわれてしまい天井から吊るされていた。

ムミョンがアロの兄だと知り安心をしたサムメクジュンは協力し合って監禁場所から脱出しアロを助けに行く。

花郎の任命式の場にようやくたどり着いたムミョンとサムメクジュンだったが、

皇后に正体を知られないようにジディという名で花郎生活を送ることになった。

その日の夜、アロはムミョンの部屋を訪れて傷の手当をしながら「もう怪我をしないで」と懇願する。

ムミョンは寝たふりをしていたが、

心の中で実の兄ではない罪悪感とアロに対する押さえ切れない愛情を抱き罪悪感に苦しんでいた。

花郎-ファラン5話で初めてムニョンとアロが実の兄妹では無いことが判明します。

今後二人の関係はどうなるのか気になるところ。

花郎任命式のシーンは桜の花びらが舞い、とっても美しいものでした。

「花郎-ファラン-あらすじ-6話」

花郎-ファランは韓国の時代劇ドラマの面白さがいたるところであらわれて飽きることなく集中して楽しめます。

特に6話は花郎-ファランのクライマックスです。

主人公のパクは伝説の花郎で自由奔放な性格、主人公パクを取り囲む花郎は気難しい性格や義侠心の強い性格、冷血な性格とさまざまです。

パクを親族ではないと挑発する場面は切なさを感じさせます。

1500年前の韓国は新羅が勢力を持ち、花のような男たちである花郎が時の政権の中で権力闘争に巻き込まれリーダーとして活躍した時代です。

日本の武士の活躍した頃を思い出し、共通点を見出し、和やかな気持ちが起こります。

韓国の豊かな文化や時代劇の血気盛んな若者に触れることができます。


スポンサーリンク



「花郎-ファラン-あらすじ-7話」

アロとサムメクジョンに何かあったと気づくソヌに対して「アロに近づくな」と警告をするがサムメクジョンは一歩も引かないのであった。

その頃、ジゾ皇后に呼ばれたアンジ公は皇后に刃を向けようか悩むが思いとどまる。

遠い昔、相思相愛だった頃のジソ皇后との幸せな時間を過ごした記憶が今も忘れられないでいるアンジ公であった。

ついに花郎達の試験日がやって来た。

ほとんどの者が不合格になる中、

サムメクジョンとソヌは口答で回答することになった。

ソヌの王についての考えに会場にいた一同は感心するが教材を基にした答えではなかったので不合格となる。

花郎-ファラン7話はようやく花郎の試験が実施されましたが、ソヌは残念ながら不合格。

せっかくの努力が水の泡になるのか今後が気になります。

冷徹なジソ皇后の過去が明かされ愛していた人に裏切られた心の傷のせいで誰も信じられなくなった事がわかり同情しました。

それでは次回をお楽しみに!

「花郎-ファラン-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-花郎-ファラン-キャスト

「花郎-ファラン-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-花郎-ファラン-あらすじ-全話一覧


スポンサーリンク



おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加