スポンサードリンク

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-最終回-視聴率6.5%-感想付き

空港に行く道-画像

「韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ」


スポンサーリンク



韓国ドラマの空港に行く道は、視聴率6.5パーセントという良好な数字で最終回を迎えました。

空港に行く道の最終回(第16回)のあらすじとしては、色々とあったチェは幸せになると決心します。

それでは最終回をお楽しみに!!

「空港に行く道-あらすじ-最終回」

娘のヒョウンをひとりでニュージーランドへ送った後、チェは誰もいなくなってしまった家へ帰ります。

幸せになると決心しつつも一人寂しくしているチェのもとに、

ソが「ヒョウンと離れると、また座り込んでいるのが当たり前だったのに」とチェのもとに来訪した理由を話し、

チェは落ち着きを取り戻しました。

友人や娘が離れてしまったソウルで、チェとソは二人で共に同じ時間を過ごしていきます。

その間に、チェとソは、二人が出会ったときの話や、子供に対することまで、

今まで話すことができなかったことを全て話し合いました。
 
そうしている間に、パク・ジンソクが韓国に到着します。

そしてチェと向き合い、彼女にニュージーランド行きの航空チケットを渡しますが、チェはそれを拒みます。

「克服できる問題ではない」というチェに、パクは航空チケットを渡すことができませんでした。


スポンサーリンク



そしてパクはソに会いに行き、チェの心を動かしたとしてソに対して怒鳴ります。

その怒鳴った瞬間にチェが入り込み、3人が揃うことになりました。

パクは、この世で最も大切な人から切り捨てられることに恐怖したことを素直に打ち明けます。

そうして、パクとチェはお互い別れることを決心します。

一方で、別れたチェは「しばらく一人で過ごしたい」とソに胸中を明かし、ソは承諾します。

数か月間の間メールでのやりとりのみの関係が続きましたが、チェはソにまた会いたいという決意の旨をソに送ります。

待ち合わせの場所は、思い出の場所である空港でした。

「空港に行く道-あらすじ-感想」

空港に行く道の感想としては、なかなかヤキモキさせてくれる演出で、

人の優柔不断さやタイミングの悪さからくる感情を見事に演出していたものでした。

最終回の終わり方にはそれぞれ賛否両論あるそうですが、私は納得しました。

引き続き最新の韓ドラのあらすじをお届けします!お楽しみに!


スポンサーリンク



「空港に行く道-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-空港に行く道-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加