スポンサードリンク

韓国ドラマ-私の心は花の雨-あらすじ-1話~3話です!

TV小説-私の心は花の雨-画像

「韓国ドラマ-TV小説-私の心は花の雨-あらすじ」


スポンサーリンク



こんにちは韓国ドラマ大好きっ子です。

私の心は花の雨1話~3話のあらすじをお届けします。

テレビ小説と言う事もあり懐かしい感じの映像が楽しめる作品です。

日本の古い時代背景をドラマにした作品よりも韓国のどこか懐かしい時代を取り上げた作品の方が好きです!

同じ俳優さんが現代ドラマをやってると今どき!って思うのにこんな作品に出てると思わず昔の俳優さん?って一瞬疑っちゃうほどよく出来ています!

それではお楽しみください♪

「TV小説-私の心は花の雨-あらすじ-1話」

看護師のソ・ヨニは朝から体調がすぐれない様子でした。

ヨニの体調を案じた医師のミン・スンジェ。

どこか悪いのかと聞くスンジェにヨニは少し気分が悪いだけだと自身の妊娠を隠すのでした。

しかしヨニのお腹に自分の子が宿っている事を悟ったスンジェは喜び結婚を申し込みます。

そのころチョン・イルランは自身の妊娠を恋人のイ・スチャンに伝えています。

妊娠したので母になる準備をしたいと話すイルランに余り喜んだ感じではないスチャン・・・。

スチャンは一緒に暮らしたいと話すイルランにスチャンは・・・!

スンジェの家族にも温かく祝福されるヨニとは対照的に別れを宣告されるイルラン。
そんな時世の中は戦争へと足を踏み入れて行き・・・。
避難勧告が発令されソウルを離れるヨニとスンジェ・・・。
途中倒れるイルランを見つけます!
とっさに車を止め助けるスンジェ。
ヨニも同じ妊婦を置いて行く事は出来ないと近くの村まで運ぶことを提案しました。

道中仲の良い2人の姿を見て羨ましくなるイルラン。

イルランはスンジェが医師で実家は精米店を営んでいる事を聞いていた。

そんな時、空には飛行機の影が・・・!!

「TV小説-私の心は花の雨-あらすじ-2話」

飛行機からの爆撃を受け負傷したスンジェ達!

倒れて反応のないスンジェの手からイルランは腕時計を外し立ち去ろうとします!

そんなイルランの足を掴むヨニの姿が・・・!!

しかしイルランは助けるどころかその手を振りほどき・・・!!

大変な事をしてしまったと後悔するイルラン。

イルランはせめてもと考えスンジェの実家に不幸を知らせようと足を運びました。

すると家の人達にスンジェの奥さんだと勘違いされてしまい!!

ヨニは通りすがった人に助けられ一命を取り留めていました。

おなかの赤ちゃんも無事です。

意識を取り戻しスンジェを探しに行きましたが・・・。

時間が流れ・・・

無事にヨニもイルランも元気な女の子を出産していますが・・・!!


スポンサーリンク



「TV小説-私の心は花の雨-あらすじ-3話」

子供を無事に産み落ち着いたヨニ。

ヨニはスンジェとの間にできた娘のソナを連れスンジェの実家へ向かいます!

スンジェの母を待っていたイルランに再会するヨニ!

ヨニの姿を見たイルランの顔色は勿論すぐれません!

スンジェの実家を訪ねてきたと話すヨニ。

そこにスンジェの母親が現れます!!

知り合いかとイルランに聞くスンジェの母・・・。

イルランは避難している途中に出会った人だと誤魔化します!

ヨニが子供の父親の実家を探しに来たと話そうとした時イルランが・・・!!

目を離したすきにソナが居なくなってしまい探し回るヨニ!

その頃イルランはソナが泣き出してしまい置き去りにしています!

泣きじゃくるソナに気付いたチョン・ギデクは子供を連れて帰り・・・。

時は過ぎ―

ギデク一家はクッパのお店を開いていました。

その傍らには成長したコン二ム(ソナ)の姿が・・・。

「TV小説-私の心は花の雨-あらすじ-感想」

あらら・・・。

ヨニとスンジェは大変な人を助けてしまいましたね!

物の見事にイルランになりすまされてしまいました。

しかしお母さんも子供が成長してきたら似てないから不審に思っちゃいそうなんですが・・・。

ソナは親切な人に助けられコン二ムとして立派な女性に成長しています。

きっとギデク一家は温かい人たちだったんでしょう。

すっかり成長し今後の展開が気になりますね。

では次回4話~6話をお楽しみに~。


スポンサーリンク



「TV小説-私の心は花の雨-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

「TV小説-私の心は花の雨-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-TV小説-私の心は花の雨-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加