スポンサードリンク

韓国ドラマ-私の婿の女-キャスト-登場人物

「私の婿の女-キャスト」


スポンサーリンク



韓国ドラマ「私の婿の女」は実の娘を失くしたことから婿を憎むようになった義母のイ・ジンスクと、

その婿であるキム・ヒョンテ、そしてヒョンテの再婚相手になったことをきっかけに、

義母が本当の母親であることを知ることになるパク・スギョンの三人を中心に家族の葛藤を描いたドラマです。

キャストはイ・ジンソクの役をパク・スンチョンが、キム・ヒョンテの役をソ・ハジュンが、

そしてパク・スギョンの役をヤン・ジンソンが抜擢されています。

パク・スンチョンが芸能界にデビューした年は1981年です。

この年のMBC13期公開採用タレントとしてデビューしたことをきっかけに数多くのドラマに出演していきますが、

初めてドラマに出演したのはデビューする1年前の1980年のドラマ「「田園日記」 からとなります。

しかしその後はこれといったドラマに出演することはなく、

ようやく再び姿を現したのは1987年のドラマ「退役戦線」 でした。

そこからは頻繁にドラマを中心に活躍するようになり、2000年には映画「Pisces」にもキャストとして出演しています。

しかし彼女の代表作として印象深いのは2006年以降のドラマです。

これ以降の彼女の役柄は母親や妻といった母性あふれる大人の女性が多く、

2006年の「大祚榮」ではジョヨンの母であるタルギや2013年のドラマ「お金の化身」ではチャドンの実母であるパク・キスンを演じました。


スポンサーリンク



そんなパク・スンチョンが演じる義母の婿の役に選ばれたソ・ハジュンのデビューは2008年です。

この年に行なわれた演劇で俳優としてデビューした彼は、

2014年のドラマ「ずっと恋したい」での見事な演技で注目されるようになりました。

そのきっかけとなったのは2013年に大ヒットしたドラマ「オーロラ姫」です。

このドラマで見せた演技にくわえて歌の上手さが話題を呼びました。

ミュージカルやCMでも活動をしていた俳優です。


スポンサーリンク



「私の婿の女-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-私の婿の女-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加