スポンサードリンク

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-92話~101話-感想付き

私の娘はスーパーウーマン-画像

「韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ」


スポンサーリンク



私の娘はスーパーウーマンは、2015年に韓国のMBCという制作局が放送した全120話のテレビドラマです。

2016年12月からフジテレビが運営する有料チャンネル「フジテレビTWO」で、

毎週月曜から金曜日の朝8時20分から放送しています。

地上波では情報番組が放送されているにも関わらず、平均視聴率が10パーセントあるなど、主婦層から支持されています。

本作は恋の駆け引きや姑問題、熟年離婚といった身近で起こりうるエピソードをテーマにしたコメディドラマです。

TVショッピング番組で司会を務めるエジャは、元教師で詩人のジョンギとの間に3人の娘を設けます。

母親となったエジャは、3人の娘達をエリートに育て上げました。

長女ジソンは大学心理学科教授になり次女インソンはJWグループマーケティングチーフ、

末っ子ヒソンは胸部外科の医師として働いています。

3姉妹の恋愛事情や家族の再生を描いており、笑いあり涙ありの内容になっています。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-92話~101話」

私の娘はスーパーウーマン92話から101話のあらすじは、

家事と仕事の両立が上手く出来ないインソンとパンソクのやり取りから始まります。

インソンは、一生懸命家事をこなしているのに家族の誰からも感謝されないと嘆き、家事に対して不満を募らせています。

パンソクが厳しいのは家事が杜撰なせいで、来客に迷惑を掛けてしまったからです。

どうやらエジャは、子ども達にエリートになる方法は教えたけど、

一般常識は教えていなかったようです。

後日、パンソク家で祭祀を行いましたが、その場でインソンは激しい女性差別を受けてしまいます。

家事の事や女性差別に耐えられなくなったインソンは、

結婚したことを後悔し実家に帰ると言い出します。


スポンサーリンク



一方、実母のエジャは長女の夫であるウジェが、「ヒョンソクは私の母が雇った人間です」という嘘を信じ、ヒョンソクに手を上げました。

ジソンの同級生であるヒョンソクは、ジソンを自由の身にしようとウジェに頼みますが、

ウジェは聞く耳を持とうとしないです。

それは、「ヒョンソクとジソンが交際しているのではないか」という変な噂が流れたことにより、

ジソンの旦那はヒョンソクを全く信頼していないからです。

精神的に追い詰められたジソンを心配したエジャは、勝手に娘であるミナを義母のウンスクに預けてしまいます。

ジソンは結局責任を取って、現在働いている仕事を退職します。

テレビ局の取材陣から追われ、辞職内容などを執拗に聞かれる毎日を送ります。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-感想」

そんな状況を救ったのは、彼女の旦那であるウジェでした。

ジソンはウジェと離婚してしまうのか、次のエピソードが気になって仕方ありません。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加