スポンサードリンク

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-82話~91話-感想付き

私の娘はスーパーウーマン-画像

「韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ」


スポンサーリンク



2015年に韓国のMBCテレビが制作した人気ドラマ「私の娘はスーパーウーマン」、日本でもフジテレビTWOで2016年12月5日からはじめて放送されましたが、

すでにご覧になった日本のファンも多いと思います。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-82話~91話」

今回は、その82話~91話までの簡単なあらすじと、

実際に見て思ったことなどを少しまとめてみたいと思います。

まだご覧になっていない方は、もしかしたらネタバレ的な内容になってしまうかもしれませんので、

念のため「閲覧注意」でお願いしますね。

「私の娘はスーパーウーマン」は、全体的にとてもコミカルな内容のドラマですが、82話~91話までに関しては、

もちろん全体的なコミカル感はそのまま残していますが、多少スリリングな展開が用意されているかな、

という印象が残りました。

このスパンでは、まずはウンスク(パク・ヘミ)が嫁で主人公インソン(イ・スギョン)の姉でもあるジソン(ウ・ヒジン)に嫌がらせをしようとするところから、

話が盛り上がっていきます。

韓国は日本以上に「親子のつながり」が重んじられていると聞いていましたが、嫁姑のあれこれは、

日本ばかりでなく韓国でも同じなのかなと感じましたね。


スポンサーリンク



その後、インソンがピルスン不動産社長でインソンの部下ジョングン(カン・ギョンジュ)の父であるパンソク(チョン・ボソク)から、

「今の会社(JWグループマーケティング)を辞めて花嫁修業をしなさい」といった趣旨のことを言われてしまい、

仕事にやりがいを感じていたインソンの動揺や、後に葛藤していく様子が描かれる布石になります。

そしてやはり、インソンの夫ウジェ(イ・ゴン)もひとクセあります。

インソンの母エジャ(キム・ヘオク)にはジソンの同級生である作曲家のヒョンソク(キム・ウォンジュン)に関するウソをでっち上げようとします。

パンソク、ウジェがかなりキーパーソンになってくるスパンなので、

この社長さんの言動には要注意といったところでしょうか。

主要な登場人物はパンソクとのパワーバランスのバイアスに翻弄されるという印象です。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-感想」

そろそろこのあたりから、「私の娘はスーパーウーマン」のフィナーレへ向けて流れが変わってくるのかなという予感があったりもします。

かなり内容の濃い、ロングランのドラマなので、日本のドラマではなかなか味わうことができない、

コミカルながらも重厚なテーストを堪能することができるのではないかという気がします。

ご期待ください!

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加