スポンサードリンク

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-32話~41話-感想付き

私の娘はスーパーウーマン-画像

「韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ」


スポンサーリンク



私の娘はスーパーウーマンは、2015年に韓国にあるMBCが制作しているテレビドラマです。

2016年12月からフジテレビの有料チャンネルで、月曜から金曜の午前8時20分から放送しています。

本作は3人の娘を立派に育てた母親を描いており、3人の娘が嫁入りした家族達との衝突や母自身の成長する姿に期待できます。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-32話~41話」

私の娘はスーパーウーマン32話以降のあらすじは、3姉妹の母親であるエジャは孫のミナを幼稚園まで迎えに行きます。

孫を連れて自宅に帰宅すると、長女ジソンの義母ウンスクがミナに会いに押しかけてきます。

一方、長女が住む自宅に次女インソンが訪問し、ジソンに旦那さんと結婚した理由を改めて確認します。

ある日、チョングンは勇気を振り絞ってインソンを呼び出し、雨が降る中チョングンはインソンに愛の告白をします。

娘達が親戚と揉めているとき、エジャのもとにパンソクという男性から電話がきます。

パンソクはエジャの夫であるジェンギの代理人で、エジャに対して離婚時の財産分与について尋ねてきます。

しかし、エジャはパンソクが会社の前で抗議活動をしていた男性と知って呆れた顔をします。


スポンサーリンク



ウンスク家は家族同士の関係が崩壊寸前ですが、ウンスクは息子のウジェと同居したいと考えており、息子の嫁ジソンに直談判します。

ジソンは義母への恩を忘れられなかったため、ウンソクとの同居を旦那の承諾なしに許可します。

エジャに電話してパンソクが恥をかいたのは、

自分のせいだと責めるチョングンはエジャの自宅に訪問します。

しかし、部下が上司の家に無断で訪問したことにエジャは激怒し、

どんな理由で家に来たかチョングンに詰め寄ります。

落ち込むパンソクにインソンは謝罪に行きますが、それを知ったチョンギはパンソクを責めます。

ジソンは同居を許可しなかったミンソクとウジェを非難していますが、

エジャを始めとする他の家族もウンソクが同居するのを拒んでいます。

同居する方法を一生懸命探るウンスクは、孫のミナを幼稚園に行かせず自宅に閉じ込めます。

さらに、ジソンの荷物を送り返します。

ウンスクの怒りを知ったウジェは、ミナとジソンを会わせようと奮闘します。

ウジェの策略を知ったウンスクは、妨害活動をし始めます。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-感想」

以後、ウンソクの親戚はどのようにして問題を解決するのか期待できます。

自分が考えたいことは必ず実行したいと考えるウンスクは、母親として失格だと思います。

孫のミナを人質に取って、同居しようとするのは正気の沙汰ではないです。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加