スポンサードリンク

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-12話~21話-感想付き

私の娘はスーパーウーマン-画像

「韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ」


スポンサーリンク



私の娘はスーパーウーマンは、2015年に韓国のMBCが制作したテレビドラマです。

恋の駆け引きや姑問題、熟年離婚といった身近で起こる可能性があるエピソードをテーマに描かれており、

愛と勇気に溢れた内容に仕上がっています。

出演者はイ・スギョンやカン・ギョンジュンなど、韓国で人気がある俳優が多数出演しています。

前述した俳優は日本人の韓流ファンからも人気があり、

2016年12月からフジテレビが運営する有料チャンネルで毎週月曜から金曜日に放送されています。

午前8時20分と情報番組が多い時間帯に放送しているにも関わらず、

視聴率が10パーセントを超えるなど人気です。

私の娘はスーパーウーマンは、TVショッピング番組のホストである女性がエリートに育て上げた娘達を取り巻く恋愛事情や環境を描いています。

長女ジソンは大学心理学教授になり次女インソンは営業コンサルタント、

三女は胸部外科専門医として働いています。

次女インソンは恋より仕事を優先する女性で、ある日、部下のジョングンという男性に夢中になります。

彼女はジョングンと交際できるのか、予測できない展開に大興奮すること間違いなしです。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-12話~21話」

私の娘はスーパーウーマン12話から21話は、自分が買った商品に不満があり通販番組に抗議したパンソクが、

ホームショッピング番組の本部長から謝罪される場面からスタートします。

パンソクは謝罪品を前に渋々、謝罪を受け入れます。

一方、パンソクが原因で懲戒処分になってしまったエジャは、本部長に今回の処分が不当であることを告げます。

すると本部長は、一度だけ彼女に挽回するチャンスを与えます。


スポンサーリンク



エジャは窮地を脱するために商品選びに迷っている中、長女ジソンの義母がデザインした服を発見します。

母親が仕事のことで奮闘する中、次女インソンは部下に悩まされる毎日を送っています。

ある日、インソンはジョングンに温かい飲み物を買いに行かせますが、

その命令に不満を抱くジョングンは自分の同僚と一緒に彼女の愚痴を喋ります。

インソンが近づいてくると胡麻を摺る同僚たちに、ジョングンは呆れてものも言えない状況です。

会社が主催した登山大会でジョングンは、インソンの力強さに圧倒されます。

根負けした彼は帰ろうとするが、ある出来事がきっかけで社内恋愛に発展します。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-あらすじ-感想」

3姉妹の母親であるエジャは、子育てが終わっても辛い毎日を送っていて、

見ているだけでこちらが悲しくなります。

自分の母親も昔は悩んだのではないかと考えさせられた内容でした。

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

「私の娘はスーパーウーマン(原題:必ずあなたみたいな娘)-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-私の娘はスーパーウーマン-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加