スポンサードリンク

韓国ドラマ-王は愛する-あらすじ-全話一覧-放送予定

「韓国ドラマ-王は愛する-あらすじ-概要」


スポンサーリンク



「王は愛する」

「王は愛する」このドラマは歴史上のある人物を巡って3人の男女の愛憎ドラマとなっています。

この時代の韓国は高麗王朝となっていて第26代忠宣王のことを取り上げています。

日本で言えば、鎌倉時代にモンゴル人が船で攻めてきた時のことを「元寇」と呼んでいましたが、あの時代の頃です。

学校で習ったと思いますが、フビライハンやチンギスハンなどモンゴル系が中国を支配していました。

また朝鮮王朝はモンゴル王の支配下となっていて彼の母はモンゴル皇帝の娘でした。

主人公となる忠宣王ワン・ウォンは美しい美貌の持ち主でしたが、その美貌の下には野心が潜んでいました。

というのも両親が政略結婚であり不仲で争いが絶えることがなかったためでしょうか。

全てを覆したいという野望を持っていました。

彼には王の世継ぎ「世子」という称号が与えられ、心から信頼しているお付き武官のリンという若者がいました。

そして、ある時、この二人は民の暮らしぶりが知りたいからと街中に出かけたとき、ある可愛らしい女の子に出会います。

その女の子は父親が大富豪であり、王族のヨン・インベクの娘サンという子で、またヨン・インベクは反世子反対勢力でもありました。


スポンサーリンク



ですがそのことを包み隠さず話すこのサンという女の子にワン・ウォンは徐々に惹かれ、妃に迎えようとしますが、二人は親戚の関係にあり婚姻できない関係にありました。

またリンもひそかにこのサンに惹かれていることをしりワン・ウォンは嫉妬します。

そしてリンとサンはワン・ウォンに隠していることがありました。

何者かが謀反を企てていることに気づきましたが、打ち明けられることが出来ず二人は悩み苦しみます。

またワン・ウォン自身も二人を何とか同時に愛したいと葛藤します。

このサンの登場によって二人の男性の運命は大きく変わるというラブストーリーとなっています。

日本では8月に衛星劇場でこのドラマが放送されるとのことです。

韓国の時代劇の俳優さんたちは皆演技が上手ですので今回も期待できると思います。

「王は愛する-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-王は愛する-キャスト

「王は愛する-各話-あらすじ」はこちら↓

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加