スポンサードリンク

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-46話~48話-感想付き

オクニョ 運命の女(ひと)-画像

「韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ」


スポンサーリンク



オクニョ 運命の女(ひと)は、朝鮮王朝第13代国王明宗の王位継承時の事件に巻き込まれ、

典獄署で生まれ育った少女の活躍を描いた歴史ドラマです。

「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-46話」

第46話では、オクニョは、明宗にオクニョを守る様に言われたテウォンによりチ・チョルギの難を逃れ、

言えない秘密を持っているがテウォンと居たいと告白します。

テウォンは、ウォンヒョンや大臣達が選出した王位継者候補の徳興君の末子に対抗すべく、

明宗の依頼でカン・ソノと共に最適な王位継承者候補の調査を開始しますが、

カン・ソノがオクニョを敬称で呼んでいる事に気付きます。

ついにオクニョの父親の正体を知ったナンジョンは、オクニョの父親が第11代中宗である事を確実にする為、

チョルギに利川の宮廷警護官イ・ミョンウォンを探し出すよう命じます。

「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-47話」

第47話では、オクニョはカン・ソノとの会話に違和感を感じたテウォンに第11代中宗の公主である事を知られ、

テウォンから敬語を使用され困惑してしまう一方で、

イ・ミョンウォンの事を徹底的に調査し、明宗の異母兄仁宗の世子時代の毒でこの世から追いやろうとし未遂に終わった事件に関連する宮女達がこの世を去った謎と真相究明を具申します。

明宗は、刑曹判書イ・ジョンミョンに明国使節と重臣の関係調査の王命を下し、

カン・ソノを嵌めようとするウォンヒョンに対して元宮廷警護官イ・ミョンウォンに仁宗を毒でこの世から追いやった事件の真相を明らかにさせると恫喝されます。

追い詰められたウォンヒョンは、イ・ミョンウォンとオクニョをこの世から追いやる事を実行します。


スポンサーリンク



「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-48話」

第48話では、元宮廷警護官イ・ミョンウォンの暗殺未遂を知った明宗は、

朝廷の重臣の反対を押し切り義禁府の特別監査官に任命し、

ユン大監の動きを封じると共にハン尚宮の同席のもとに仁宗を毒でこの世から追いやろうとした未遂事件の宮女達に何をしたかをチョン・ナンジョンに尋問させます。

しかし、ウォンヒョンからの密書を手にした文定王后は、ウォンヒョンとナンジョンの解放交渉に臨む為にオクニョを拘束させます。

「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-感想」

明宗は、文定王后やウォンヒョン、ナンジョンを完全に追い込む証拠を手にしていながら、

詰めが甘くオクニョが捕まり交渉しなくてならないのには歯がゆい思いがします。

それでは次回をお楽しみに!


スポンサーリンク



「オクニョ 運命の女(ひと)-全話一覧」はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ全話一覧

「オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加