スポンサードリンク

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-43話~45話-感想付き

オクニョ 運命の女(ひと)-画像

「韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ」


スポンサーリンク



オクニョ 運命の女(ひと)は、朝鮮王朝第13代国王明宗の腹違いの妹でありながら王位継承争いに巻き込まれ典獄署で生まれ、

数奇な運命を背負った少女の生涯を描いた歴史ドラマです。

「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-43話」

第43話では、明宗がユン・ウォンヒョンからの賄賂を受け取った明国の使節の要求により投獄したイ・ジョンミョンや、

カン・ソノ、ソン・ジホンをオクニョから受け取った明国皇帝からパク・テスへの感謝状で放免し、明国の使節を利用した黒幕を明確にして厳罰を下すと宣言します。

また、オクニョを側室にしようとして固辞され、宮殿で倒れ危篤となってしまいます。

オクニョは、典獄署に戻り和解したテウォンと共に貧しい力無き民の為に外知部設置に向けて準備を続けていますが、

ナンジョンの兄マッケによりオクニョの母ガビの情報がナンジョンに知られてしまいます。

「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-44話」

第44話では、チョン・ナンジョンが元女官のミン・スクの自白と髷止めに対する文定王后の異常な反応から典獄署で息絶えたガビの子供の父親が第11代中宗ではないかと行動を起こす一方で、

明宗の崩御に備えて有力な皇子と接触を重ね、ウォンヒョンにも文定王后に王位継承者の選定を急がせます。

オクニョは、テウォンの後を引き継ぎ両班殺害未遂事件の若い囚人の弁護し失敗する一方で、テウォンやカン・ソノに明宗危篤を知らせます。

明宗は、秘密裏に訪れたオクニョに見守られ目を覚ましますが、文定王后に対しては危篤のふりをします。


スポンサーリンク



「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-45話」

第45話では、文定王后は、文定王后は危篤のふりを続ける明宗に対して仁宗の毒殺未遂時の事を後悔すると共に、

朝廷を大混乱にしている王位継承問題に背を向けます。

チョン・ナンジョンは、チ・チョルギにオクニョの警護官チョ・ヒやユ署長からガビの子供がオクニョである事を知ります。

ナンジョンに憎まれているテウォンは、明宗に呼び出されオクニョの事を託されます。

「オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ-感想」

オクニョには、文定王后の存在は非常に危険ですが、

危篤状態になってまでオクニョの行く末を案じている明宗が妹である事を知らないのはちょっと酷な様な気もします。

それでは次回をお楽しみに!


スポンサーリンク



「オクニョ 運命の女(ひと)-全話一覧」はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-あらすじ全話一覧

「オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-オクニョ 運命の女(ひと)-キャスト

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加