スポンサードリンク

韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-あらすじ-6話~9話-感想付き

浪漫ドクターキムサブ-画像

「韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-あらすじ」


スポンサーリンク



「浪漫ドクターキムサブ」

浪漫ドクターキムサブの6話では、ト・インボムが異母兄弟のユン・ソジョンと再会した事でキム・サブとカン・ドンジュの不在のドルダム病院でインボムとソジョンが緊急手術を行います。

キム・サブは、他院のインボムが手術した事を盾にしてドルダム病院を療養院に変えたいユンワンに対し、ユンワンの側近であるコサン大学病院の医療陣を丸ごとドルダム病院に移動させます。

ユンワンに認められたいソジョンは、今回の事で父ユンワンから冷淡な言動と行動をされます。

7話では、ド・ユンワンはキム・サブの策に従いコサン大学病院の医療陣をドルダム病院に移動させ、息子のインボムにはドンジュに勝てと言い含めた事もあり、ドンジュと殴り合いの喧嘩に発展します。

キム・サブが、緊急患者の手術執刀医をインボム、アシスタントをドンジュとした為、ドジュンはキム・サブに素直に従えず医師としての心構えを注意され、手術を見学します。

すると、ソジョンの首元に鎌当てた男が手術の中止を求めて手術室に乱入して来ます。


スポンサーリンク



8話では、手術中の男と乱入して来た男の過去の因縁が明らかにされますが、キム・サブは頑なに手術の継続し、手術後に容疑者は全身不随になる確率が高いと伝え哀れな男を諭します。

その後、ソジョンはPTSDの病歴が問題視され医師資格の剥奪の危機にさらされ、キム・サブは診療行為禁止命令を下されます。

9話では、ユンワンが人質事件やソジュンのPTSDの既往歴の隠蔽、支払い能力の無い患者への高額治療などをシン会長に報告しますが、シン会長はソジュンの解雇で決着させようとします。

しかし、キム・サブは診療行為禁止となり、責任を感じるソジュンはユンワンに掛け合うが冷たくあしらわれ、辞表を提出後ユンワンとの話を聞いていたインボムとソウルに向かいます。

ユンワンは、ソジュンに何の援助も気遣いも無いのに娘と思っていたがのセリフには腹が立ちますが、異母兄弟のインボムとソウルに向かったのは少し意外な展開です。

「浪漫ドクターキムサブ-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-キャスト

「浪漫ドクターキムサブ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加