スポンサードリンク

韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-あらすじ-14話~17話-感想付き

浪漫ドクターキムサブ-画像

「韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-あらすじ」


スポンサーリンク



「浪漫ドクターキムサブ」

浪漫ドクターキムサブの14話では、防護服が届き緊急患者の手術やマーズの疑いも晴れドルダム病院に日常が戻るかと思われた矢先に、エクモ手術を必要とする交通事故患者が搬送されて来ますが、

エクモ手術の経験があるとインボムが嘘をつき執刀しようとし、キム・サブにバレてしまいます。

ドンジュは、ソジュンの過去と対峙し愛の告白を行いますが、インボムはシン会長の手術が人工心臓交換プランである事と延期される事を父ユンワンに報告します。

15話では、膵臓尾部癌を腸の腫瘍と誤診しているインボムがドンジュの技術により手術を成功させますが、膵体尾部切除手術の経験があると嘘をついた事をドンジュから責められます。

キム・サブからは、医師としての資質を問われるだけで無く父ユンワンの元に帰れと言われますが、ユンワンからはドルダム病院に留まれと言われてします。

シン会長は、プラン通りに手術をしてくれとキム・サブに決断を下します。


スポンサーリンク



16話では、シン会長の懇願に対して極端な手術時間を考えるキム・サブと手術自体に反対のドンジュの間で軋轢が生まれますが、

キム・サブを信じるソジュンの言葉に諭されていきます。

ユンワンは、手術を邪魔する為に訴訟中のナム麻酔医師とオ看護師を的にして手術スタッフの入れ替えもしくは手術のライブ中継を要求して来ますが、逆にドンジュに火をつける結果となります。

17話では、シン会長の手術の為に待機していたドンジュとインボムが緊急搬送されて来た患者の穿孔性潰瘍の協同手術を急遽執刀し成功させてシン会長の手術に臨み、予想の手術時間を2分も短縮し手術を成功させますが、

大動脈に関するミスをインボムとユンワンのそれぞれがパク看護師とキム・サブに詰め寄ります。

キム・サブは、過去の事で記者にも詰め寄られます。

インボムは、一連のシン会長の手術で生まれ変わったかと思いましたが、父ユンワンと同じ事を蒸し返しているので流石親子と思ってしまいますが、記者に食いつかれたキム・サブの今後が心配です。

「浪漫ドクターキムサブ-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-キャスト

「浪漫ドクターキムサブ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-浪漫ドクターキムサブ-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加