スポンサードリンク

韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-13話~15話-感想付き

名もなき英雄 ヒーロー-画像

「韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ」


スポンサーリンク



「名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-13話」

シユンは町を守ろうとユン・サンミンを挑発します。

自分のせいでテホやチャンギュらが被害を被ることを避けたいとシユンは、

彼らが自分に協力しないようにと冷たい言葉を言い放っていました。

パク代表は 遺書を残していましたが偽物だろうと怪しまれます。

シユンは JJと対決するためにとユン代表を怒らせてしまいます。

ユン代表は ホン元局長らから JJを始末するように言われます。

しかし 友人を失いたくないと JJとシユンを戦わせようとします。

どんな結果になるか分からないけれど どちらかがいなくなると思惑しています。

シユンがいなくなれば 地上げもうまくいくし、JJが負けることで自分の手を汚さずに済むとの目論みです。

「名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-14話」

シユン対JJら3人との対決結果は どちらもいなくなることにはなりませんでした。

それでユン代表は 自らJJに手をくだすことになりますが、

投資者たちから事業権を取り上げられそうになってしまいます。

シユンは 中央情報局長に回顧録の一部を渡します。

そのせいで 総理候補の座が危うくなるホン元局長は イライラがつのります。

チョン・スヒョクは ユン代表に 回顧録を見つけるように依頼する。

ユン代表は シユンに 回顧録を渡す代わりとして3年前におきた事件の背後にいた者を教えるからとの条件をだしますがこの交渉には合意にいたりませんでした。


スポンサーリンク



「名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-15話」

イム刑事の娘スビンが 拉致されてしまいます。

その要求は 回顧録との交換を条件でしたので、回顧録を渡してスビンを無事救出します。

ユン代表は 回顧録を受け取りに行こうとしますがチョン・スヒョクから 警察の尾行を知らされて、

中止することにしました。

回顧録は チョン・スヒョクが受け取りにいきます。

連れ去った容疑者2人が逮捕されますが、その2人の自供で、 ユン代表も逮捕されてしまいます。

ユン代表はシユンを呼ぶことを希望します。

「名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-感想」

ドラマの題名との印象が違って、意外と本格的なドラマに展開していて楽しい作品になっています。

16話と次回で最終回ですが、あまりにも短かったような印象が残ります。

もっとアクションが欲しかったとの感想です。

「名もなき英雄 ヒーロー-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-キャスト

「名もなき英雄 ヒーロー-全話一覧」はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加