スポンサードリンク

韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-11話~12話-感想付き

名もなき英雄 ヒーロー-画像

「韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ」


スポンサーリンク



「名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-11話~12話」

11話、12話は安泰と思っていたバックに裏切られ、

ただの操り人形だったことを知り、失望してこの世を去るという選択をかつての大物の姿、

そして彼もまた家族を愛するただの人であることにフォーカスし、人間の欲というものを描いています。

背後の大物であるベイスター香港の正体が明らかにされ、

エンデイングに至るまでいろいろな背後関係が明らかになっていく、目の離せない展開になっています。

町のヒーローとして生きていこうと誓い、正体を明かさずに暗躍しているシユンは、

バー隣人でバイトをしているジョンヨンが町のヒーローと自分の事を呼んでいることを知り、

彼をモチーフに脚本を書いていることを密かに喜び、そして2人には新しい恋の予感が感じられます。

ベイスター香港が狙っていたのは町の人たちを仲違いさせ、土地を買収して大規模なショッピングモールを建設するためだったことが明らかになり、

3年前に後輩を手にかけたのもベイスター香港であることが判明します。


スポンサーリンク



局長、代表、警察をも懐柔させる力のある財閥の姿が浮き彫りとなり、シユンはそれでも正義を貫こうと覚悟を決めます。

証人を見つけ、証言をさせ、それは財閥にとってはささやかなことであっても、

正義のためにはひとつずつ進めていくしかないという歯がゆさでもありますが、

人間の良心というものを信じる強さを持てるようになったシユンにとっては大きな前進といえます。

生前のオーナーが組織を揺るがすほどの力を持つと言っていた回顧録が見つかり、

シユンと敵同士で誰が先に見つけ出すのかで頭脳ゲームが始まります。

回顧録を手にしたシユンは迷いを捨てた真のヒーローとなり、敵を欺き、証拠を確保するほどの目覚ましい活躍を見せ、

かつて秘密諜報部員だった頃を思い出させますが、信念を持つことでより強くなった姿で敵を圧倒させていきます。

敵のトップの正体が明らかになり、かつての上司や同僚であり、

元恋人にも裏切られたことが判明したにもかかわらず、

成長を遂げた町のヒーローが心から人を信頼するということを理解していることを自覚していることを知る重要なストーリーでもあります。

「名もなき英雄 ヒーロー-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-キャスト

「名もなき英雄 ヒーロー-全話一覧」はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-名もなき英雄 ヒーロー-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加