スポンサードリンク

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ-最終回-感想付き

六龍が飛ぶ-画像

「韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ」


スポンサーリンク



六龍が飛ぶは、堕落しきった朝鮮王朝時代に革命を起こした人物とされる6人の歴史的人物の物語で、

歴史エンターテイメントドラマとして人気となり、日本でも話題となった韓国ドラマです。

「六龍が飛ぶ-あらすじ-最終回」

六龍が飛ぶの最終回(第50話)のあらすじとしては、

イを生かそうとする人たちと始末しようとする人たちの戦いの模様から始まります。

ムヒョルはキムを討ち取った後、チョクサグァンとイが対決する場に駆けつけることになります。

イに向けたムヒョルの刃によって、チョクサグァンは倒れることとなります。

チョクサグァンは最期のとき、「素晴らしい剣術を有しているのにもかかわらず人々を守ることができなかった」として自決してしまいます。

そしてイは、「君の過ちではない」といい、彼女を慰めました。


スポンサーリンク



一方戦火から逃れることができたプニは、「百姓たちの夢を忘れないでほしい、それでこそ虫だけにはならないと思う。

それでこそプニはどこかで笑っていると思う」という手紙をイに残して去っていきます。

それから2年の歳月が流れ、イはついに朝鮮の王として君臨することになりました。

イの非情な政治に、王妃であるウォンギョンは大変憤りを感じていました。

ムヒョルはイに、プニの居場所を知っていると告げ、二人の出会いの場をつくりました。

しかしプニは、イに会うともっと辛くなるだろうとして拒み、偶然会ったイ・ドを抱きしめながら泣き崩れます。

それからまた数十年の歳月が流れ、老婆となったプニはチョンの墓を訪れます。

そしてイの息子が大きなことをやり遂げたと言います。

一方のイは、年老いてもなお孤独に打ちひしがれそうになりながら政治を続けていました。

そしてイは、息子であるイ・ドを見つめながら、自分が夢見た理想の朝鮮を率いる息子の姿を思い描くのでした。

「六龍が飛ぶ-あらすじ-感想」

六龍が飛ぶの感想としては、勧善懲悪とならず、結末としては少し後味の悪いものでしたが、

それゆえにリアルに忠実に描ききった歴史ドラマだと感じました。

「六龍が飛ぶ-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-キャスト

「六龍が飛ぶ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-六龍が飛ぶ-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加