スポンサードリンク

韓国ドラマ-今日から愛してる-あらすじ-98話~100話

今日から愛してる-画像

「韓国ドラマ-今日から愛してる-あらすじ」

韓国ドラマ-今日から愛してる-あらすじ-ネタバレ-98話~100話!最終回視聴率は13.1%を記録し,感想つき-キャストはパク・チヌ&イム・セミ 主演!


スポンサーリンク



「今日から愛してる-あらすじ-98話」

スンヘは、終着ポイントのバス停まで向かい、俯いて歩く。

ユノも懸命にみつけようそするけど、

ドジンの喫茶店の傍で顔を合わせたチェウォンは、

自分がもう一度ちゃんと考えなさいと伝えたと。

頭にきているユノへ、ユノもここを訪れたということは、

スンへの気持ちにドジンがいる事は気付いているでしょう?と話す。

ドジンに連絡したチェウォンは、

ドジンも何か思いつく場所があるなら見つけてよ!と伝える。

一方、スンヘはギョンテの自宅を訪れるけど今晩だけ、

ここにきている事を黙っててとお願いする。

デシルは、相手の父母やユノさんへ、どれだけ迷惑をかけたか理解してる?と声を荒げるけど、

あの場へ参加したら、もうも戻れなくなると感じ、ひるんでしまったと…。

次の日の朝、自宅を後にしたスンヘは、ドジンと顔を合わすけど、

自分と彼の事だと告げる。

彼は、スンへ忘れられないと伝えるけど、

自分には関係ないと。

ユノは、自宅の傍でスンヘを目にし、

結婚をせかしすぎたみたい、ごめんと謝る。

彼女は、共に向かうと話す彼の手をどけて、

一人でファミリーへお詫びをすると。

ドンスクは、戻ってきたスンヘへ、如何なる事が起きても、結婚させると声を荒げる。

「今日から愛してる-あらすじ-99話」

デシルへ、ユノさんとの件をもう一度しっかり考える。

これ以上迷惑をかけれれない!と言うスンヘへ、

気持ちがないのに夫婦になったら後悔するか別れなさいと告げる。

そんな中、ギョンテは、今はドジンとスンヘさんだけの事ではない!

周囲を巻き込んで問題だとドジンに伝える。

ユノとご飯を食べたスンヘは、周囲に気持ちを閉ざしたまま夫婦になる事は無理!

ごめんなさいとお詫びする。

落ち着いて考え直そうと話すユノへ、リングを戻した。

次の日、ファミリーは夫婦になる事をリセットしたと耳にしビックリするけど、

スンヘの判断、気持ちを受け入れると答えるデホ。

ユノの父母が止まっている宿で、誠心誠意お詫びしたスンヘに、

母親は、気持ちがないのならしょうがないわと。


スポンサーリンク



「今日から愛してる-あらすじ-100話」

チェウォンは、ユノと夫婦になる事をやめた件を聞くけど、

ドジンさんの事は関係ないと答え、

じゃあ身を引かなくていいのねと。

喫茶店で打合せをしたドジンは、

車で送るというけどスンヘは、

自分が進むべき道だから一人で大丈夫と。

デホの電話に3時に裁判所の傍と目にしたスンジェは、

自宅に戻りドンスクにご飯をこしらえてもらった。

そして、自分が養子だと分かっていたと話し、

話さない方が良いと判断していた。

分からなくていい事もあるからと。

絶対に父さんも一緒の気持ちだから、別れるのは止めてと手をとるスンジェ。

一方、ユノと顔を合わせたチェウォンは、

二人の結婚が駄目になった事に協力したみたいだから謝りますと話す。

そんな中、双子の子供の為を思って、

前に、デシルの作品を盗用した人間と揉めて、

お詫びのメッセージを掲載させたと言うギョンテに、心が動き涙を流す。

ラストの挨拶だと訪れたユノは、

ファミリーになれなくて本当に悲しいでうと伝えると、

ドンスクは涙を流す。

彼は、スンヘさんを友達と感じるタイミングが訪れたら再度訪れますと言葉を交わす。

ユノは、戻る最中スンヘと顔を合わせた。

多くの国に行き、韓国ティーやコーヒーを拡散する大使をスンへにお願いしたいと伝える。

ドンスクへ、これまで自分やファミリーに一生懸命対応してくれたから、次は自分の番だとハグするデホ。

「今日から愛してる-あらすじ-感想」

スンへと、ユノは完全に結婚する事が白紙に戻りました。

ドジンは、自分の気持ちをスンへに伝えましたが、

彼女は一体どんな答えを出すのでしょうか?

それでは次回は最終回です!お楽しみに~!


スポンサーリンク



「今日から愛してる-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-今日から愛してる-キャスト-登場人物

「今日から愛してる-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-今日から愛してる-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加