スポンサードリンク

韓国ドラマ-七日の王妃-あらすじ-全話一覧-放送予定

「韓国ドラマ-七日の王妃-あらすじ-概要」


スポンサーリンク



「七日の王妃」

七日の王妃とは、朝鮮王朝第11代中宗王の最初の妃、慎氏の事です。

この王妃がすぐいなくなってしまったのには、前の王様の事と深いつながりがあります。

前の王様はドラマを見ていればわかるのですが、ある政変によるクーデターで廃されます。

そしてこの七日の王妃となるのもこれらと深いつながりがあるのです。

チャングムの誓いという韓国ドラマを見ていた方は第11代中宗の王様を知っていると思います。

大君とよばれているのは後の中宗、そして王様こと燕山君はあまり仲が良くない印象を受けます。

それもそのはずです。

二人は異母兄弟であり、ドラマの中ではお父さんである王様はこの弟のほうを可愛がっていました。

そして燕山君は小さいころ、母親がこの世を去っています。

これも燕山君が父親や周りに反発し問題ある王様となる原因の一つであるとも言われています。


スポンサーリンク



対する中宗は自分の父親である前の王と母である王妃(前王妃の後になって迎えられた王妃です)の愛情を受けて愛らしい男の子となってすくすくと成長しやんちゃ坊主でありながらも憎めない様子が描かれています。

例えば川で水遊びをしている女性の姿を仲間と一緒になってのぞいて一見普通の男の子という感じです。

ですが、いざというとき、仲間のことをきちんと考えている優しい面もあります。

皇太后となった母親は自分の実の息子と義理の息子の間で緊張した面持ちです。

朝鮮王朝では王妃は王様がこの世を去っても絶大な権力を持っていましたから、何かあれば自分も間に立たなくてはという思いだったのでしょう。

燕山君としてもこの王妃様を母上ときちんと遇している様子からして嫌ってはいないようです。

しかし自分の父親が残した文書をみて、次第に弟への態度の変化が悪くなっていきます。

このことからして燕山君とのつながりがある慎氏を妃として迎えることになったのではないかなと思います。

なぜなら燕山君が自分の弟であるのにこの世から追いやろうとしているのです。

この時は、仲が良かった昔の思い出がよみがえってきて思いとどまりますが、これから妻である慎氏とのつながりが気になってきます。

「七日の王妃-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-七日の王妃-キャスト

「七日の王妃-各話-あらすじ」はこちら↓

韓国ドラマ-七日の王妃-七日の王妃-あらすじ-1話

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加