スポンサードリンク

韓国ドラマ-ホングギョン-洪國榮-あらすじ-35話~39話-感想付き-BS日テレ

ホングギョン 洪國榮-画像

「韓国ドラマ ホングギョン 洪國榮 あらすじ」


スポンサーリンク



「ホングギョン 洪國榮-あらすじ-35話」

フギョムの部下が通行証を偽造し毓祥宮の中へ侵入するけど、囲まれウンジュが現れる。

トクテとブルカルは矢を放たれ、周囲にいた関係者もお縄となった。

異変にすぐに対応したウンジュへお礼を言うグギョン。

それを目にしていたグギョンの奥さんは、彼のガードマンにも配慮するウンジュに感謝の念を抱く。

王の座を任されえる世孫のポジションをより確固たるものにしたいと望んでいて、世孫の父に承統世子という尊号をプレゼントし由緒ある宗統にすることを公表した英祖。

さらに世子妃にも尊号が与えられて、玉印と竹冊も贈られる事に。

血の繋がった父が尊ばれないことが悔しくて、思悼世子がこの世を去った14年前の承政院メモを手元に用意させる世孫。

グギョンは、その事実が分かられてはいけないと急ぐけど、すでにその事はファワン翁主たちにバレていた・・・

「ホングギョン 洪國榮-あらすじ-36話」

14年前の承政院メモに目を通す世孫。

それらを英祖が分かるよう計画を練るフギョムたち。

英祖に世孫を廃し、別の王孫に任せるべきだと直談判するファワン翁主。

そこへ世孫からの真剣な上訴が送られてきた。座り込みを開始した世孫。

家臣たちは、世孫の胸の内を話されていたので、現状を英祖に話す。

その事を知った英祖は、世孫のポストを厭わない真意な訴えに胸をうたれ、日誌の処分を認めると思悼世子の墓参りも許したのである。

意識を失う英祖…。側近のキムは担当医にも連絡せずにそのままにし、翁主宮へ、その事を伝える。

嘘の遺書を持っているファワン翁主とフギョム・・・


スポンサーリンク



「ホングギョン 洪國榮-あらすじ-37話」

側近のキムはファワン翁主宅から託された嘘の遺書へ、秘かに王印をつけようとしている。

だが、王印をつけようとしその時!!

英祖の意識が戻り嘘の遺書は完成しなかった。

英祖の側近が、翁主とフギョムへ、ことの経緯を話している所をグギョンは目にした!

グギョンは、そのやりとりを不審に思い、内医院メモを取り寄せてると英祖の状態を確かめる。

すると、薬担当の大臣はキム・サンボクに変えると担当医も変えるよう世孫に持ち掛ける。

英祖が倒れ、バレナいようにとうとうキムが遺書に王の印鑑をつけた!

「ホングギョン 洪國榮-あらすじ-38話」

王の座を恩全君に託すいう遺書を英祖の側近のキムが用意した。

そんな中、叔父上を翁主宮を繋げたのは良くなかったと後悔している恵慶宮。

これからでも世孫側につくようにとボンハンにお願いする。

世孫付きの側近のアンが嘘の言伝で、担当医が晩御飯のために、その場から離れた事が分かったグギョン。

グギョンは英祖付きの側近のパクに詰め寄るけど、口を割らないパク。

嘘の遺書を用意したんだと察し、パクを監視するグギョン。

グギョンに不信感をもたれパクをこの世から追いやろうとするファワン翁主。

「ホングギョン 洪國榮-あらすじ-39話」

またも意識を失い、ギリギリの英祖。

万が一の事を考え、遺言の手続きなどを調べし兵の位置も意識するグギョン。

そんな中、グギョンの取り調べて心配になった尚宮が英祖の側近のキムを調べ、側近アンに救いを求めてきた。

キムはそんな2人の後をつける。

尚宮と一緒にアンがグギョンの元を訪れたが、キムが側近軍団を率いてやって来た!

その場ウンジュがやって来て、側近軍団を成敗すると遺言を奪った!

ギリギリの状態だけど、どうにか寝室で王の座を世孫に託すという王命を指示した英祖。

その英祖の台詞は外へも届き・・・

「ホングギョン 洪國榮-あらすじ-感想」

英祖、最後の力を振り絞り、世孫に王の座を託すと王名を下しました。ギリギリでしたねー!

それとウンジュはいつも大活躍ですね、英祖がこの世を去って遺書がもし認めれれていたらと考えると・・・

恐ろしい。

それでは次回は、いよいよ最終回です!お楽しみに!


スポンサーリンク



「ホングギョン 洪國榮-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-ホングギョン-洪國榮-キャスト

「ホングギョン 洪國榮-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-ホングギョン 洪國榮-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加