スポンサードリンク

韓国ドラマ-シカゴタイプライター-あらすじ-1話-感想付き

「韓国ドラマ-シカゴタイプライター-あらすじ」


スポンサーリンク



「シカゴタイプライター」

ハン・セジュは韓国では誰もがその名前を耳にしたことがあるベストセラー作家です。

小説を書くためならどんな危険な現場にも赴く彼は世界的にも人気を博し、アメリカでも大ブレイクします。

そのためイベントが開催されることになり、セジュはシカゴへと向かいました。

そこで立ち寄ったカフェで彼は古びたタイプライターを見つけ、思わず触れようとします。

すると1人の女性の声がはっきりと聞こえてきたのです。

間もなく、セジュの目の前はカフェではなくなりました。

独立運動家の恰好をした男性とボーイッシュな姿をした女性が会話をしている光景になり、何かを書いている男性に女性が「いい文章を書いて」とお願いしたところでセジュは現実に戻ります。

幻影の男性が自分と似ていた事などから1930年代に製造されたタイプライターが欲しくなったセジュはカフェの店主に譲ってほしいと頼みましたが、苦労して競売で手に入れた店主はその頼みを丁寧に断ります。


スポンサーリンク



しかしその夜からタイプライターが勝手に「私をハン・セジュ作家のところに送ってください」と動くようになり、結局セジュの元に届く事になりました。

その際、セジュのファンであるソルがタイプライターを届けます。

しかしセジュとの接触は最悪なもので、果てには彼の勘違いのせいで犯罪者扱いされるのでした。

ソルの母であるワン・バンウルは運んだタイプライターの不吉な気配を察知していましたが、その不穏さはすぐにセジュの前に現れました。

ソルを犯罪者扱いして追い返した直後、家に入ったセジュは本当に被害を出していたストーカーに遭遇します。

ストーカーは小説通りに殺人を犯し、今度はセジュの命を奪おうと襲い掛かってきました。

必死に抵抗するセジュを助けたのはソル、実は彼女はオリンピックを目指せるほどの伝説級の射撃選手だったのです。

しかし銃を握ると人を撃つ幻影を見るようになり、選手としての道を諦めたソルをあらためて目にしたセジュは幻影の女性とソルの姿が重なるのでした。

以上が韓国ドラマ「シカゴタイプライター」の1話のあらすじです。

まだ始まったばかりですが、ミステリアスな雰囲気と険悪な2人のロマンスにわくわくします。

「シカゴタイプライター-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-シカゴタイプライター-キャスト

「シカゴタイプライター-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-シカゴタイプライター-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加