スポンサードリンク

韓国ドラマ-シカゴタイプライター-あらすじ-全話一覧-放送予定

「韓国ドラマ-シカゴタイプライター-あらすじ-概要」


スポンサーリンク



「シカゴタイプライター」

韓国ドラマ「シカゴタイプライター」はミステリーとファンタジー、そしてロマンスという3つの要素が混ざり合ったドラマです。

ユ・アインが演じるハン・セジュは韓国では有名なベストセラー作家です。

しかし彼は最近、自分の作家活動についてもどかしさを感じていました。

そのもどかしさは執筆の勢いをそぎ落とし、次の作品を手掛ける事を邪魔します。

セジュは作家であれば必ず陥る状態、スランプになっていたのです。

そんな状態になった自分に嫌気と悩みを抱くある日、セジュの元に古びたタイプライターが届きました。

その日から何故か1930年代の幻影を見るようになったセジュに担当編集者はある提案を持ち掛けます。

それはゴーストライターを雇う事でした。

作家のプライドがあったセジュはその話を断りますが、直後、事故に遭ってしまい、全身が使えなくなってしまいます。


スポンサーリンク



しかしその間にもセジュは新作を出して大ヒットを出していました。

ですがそれはセジュの実力ではありません。

彼が体が使えない間にセジュの新作の連載である「シカゴタイプライター」の原稿を手掛けたコ・ギョンピョが演じるユ・ジノという謎の男の仕業でした。

結果的にゴーストライターに頼ってしまったセジュですが、すでに自分の心には作家のプライドがない事に気づきます。

そんな彼に姿を現したジノは妙な提案をします。

「お前の代わりに小説を書くから、俺の女の恋を止める別れさせ屋になってくれ」という内容でした。

断る理由がないセジュはその提案を受け入れますが、その対象である「俺の女」ことイム・スジョンが演じるジョン・ソルは昔はセジュの熱烈なファンでしたが、現在はアンチファンとなった文人オタクだったのです。

以上が韓国ドラマ「シカゴタイプライター」のあらすじとなります。

このドラマの見どころは大ブレイクしたドラマ「太陽を抱く月」の脚本をつとめたチン・スワンや立場が異なる3人の男女のラブロマンスの行方が挙げられますが、最も注目すべきはドラマのもう1つの舞台である1930年代です。

現代とは違う時代をキャストがどう演じるが見どころと言えます。

「シカゴタイプライター-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-シカゴタイプライター-キャスト

「シカゴタイプライター-各話-あらすじ」はこちら↓

韓国ドラマ-シカゴタイプライター-あらすじ-1話

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加