スポンサードリンク

ウォンテッド-韓国ドラマ-あらすじ-11話~13話-感想付き

「韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ」


スポンサーリンク



「ウォンテッド」

ウォンテッド11話のあらすじと感想

スンインは考え事をしながら、ふと窓から下を見ると、ヘインがある団体から追いかけられていました。

番組放送中にヘインとスンインがジウンを連れ出したのは、次はジウンが狙われるかもしれないと思ったからです。

自分達が保護していれば大丈夫だとヘインは思っていましたが、ヘイン自身もハン・テソプの部下に尾行されていたのです。

一方、テソプは、事件解決に動き出そうとします。

UCN会社のやり方を指摘し、SG会社が全ての責任をおってその放送に関与すると発言します。

ウォンテッド12話のあらすじと感想

ヘインはジウンを保護することに成功します。

ジウンの両親は、生前にビデオを残していました。

それを見たヘインは衝撃を受けます。

犯人から第8番目のミッションが届きました。

その頃、スンインは少しずつ事件の真相をつかみ始めていた。

ドンウクは、何とか放送を続けようと手段を選びません。

チェ・ピルギュに真相を語らせるために策を練ります。


スポンサーリンク



ウォンテッド13話のあらすじと感想

ヒョヌを連れ去った容疑者はテレビ局関係者ではないかとへインは考えていました。

そして、容疑者に思い当たり、事件の全容を察して激しく衝撃を受けます。

ヒョヌの世話をしてもらっている女性は、ジュング局長の奥さんのお母さんです。

この頃、ジュング局長はスヒョンがこの世から追いやられたことを知って衝撃を受けて居ます。

一方、局長はスヒョンがこの世から追いやられたこととを知り衝撃を受けていました。

そして、今までの事件を全て終わらせようとします。

事件の全貌を知ってしまったヘインは、ヒョヌの安全を最優先にします。

へインは事件の全容に気が付いたようですが、ヒョヌの安全を確保するまでは動くことができません。

大きな問題を隠ぺいするために様々な圧力がかかる中、へインはヒョヌを守りぬくために闘います。

生放送中にミッションを遂行するという緊迫感ある展開が続くウォンテッドは、人気韓国ドラマです。

毎回のミッションを遂行するへインの母としての愛の強さ、隠ぺいされた大きな問題の存在など見どころ満載です。

「ウォンテッド-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-全話一覧

「ウォンテッド-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-ウォンテッド-キャスト

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加