スポンサードリンク

ウォンテッド-韓国ドラマ-あらすじ-1話-感想付き

「韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-概要」


スポンサーリンク



「韓国ドラマ-ウォンテッド」

ウォンテッド1話のあらすじと感想

名声も地位も全て手に入れたようなトップ女優であるチョン・ヘインは、疲れてしまい女優引退を決意します。

そして愛する息子ヒョヌと2人で穏やかな生活を送ろうとしていました。

ヒョヌは、最後の撮影現場にお祝いのイベントとして駆けつけます。

アルバイトスタッフが遊び相手をしてくれるといい、ヒョヌはそのまま拉致されてしまいました。

アルバイトの身元は不明です。

ヘインは、撮影現場で息子の携帯電話を見つけます。

そこには、ヒョヌが縛られ車のトランクにいる動画があり、

警察に届ければヒョヌの命は保証しないというメッセージも添えられていました。

警察に届け出ようとしますが、自分が監視されている事を知ったヘインは自宅に戻ります。

そして、自分の一挙手一投足がすべて記されている脚本を読み衝撃を受けます。

台本の名前はウォンテッドとなっていました。

犯人は息子の命を保障するために、リアリティー番組の制作と放送いうミッションを与えてきました。

その視聴率20%が越えなければ息子の生命は保証されないとも伝えられます。

ヘインは、テレビ局プロデューサーであるドンウクのもとを訪れます。

そして息子が誘拐されたことを伝え、彼に放送の協力を求めました。

ドンウクは諸事情により以前の地位から転落してしまい再起を狙っていました。


スポンサーリンク



それを知っているヘインは自分に協力してくれるのであれば、彼は復活することができるだろうと説得します。

トップ女優の息子が連れ去られ、犯人の要求どおりミッションを遂行していく女優の生放送であるリアリティショーは史上最高視聴率をとることができるだろうから協力してほしいと哀願し、

ドンウクは協力することを承諾します。

ヘインの夫でありUCN放送局社長のソンジョンホのもとに2人は訪れ、リアリティショーの話をします。

そして、リアリティショーのチームが立ち上げとなりました。

大切な息子を連れ去られ、そのためになりふり構わず取り戻そうとする母親という重い題材を描き話題作であるウォンテッド。

ウォンテッドは衝撃の展開に引き込まれてしまい次回も目が離せない韓国ドラマです。

犯人の狙いも気になります。

「ウォンテッド-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-全話一覧

「ウォンテッド-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-ウォンテッド-キャスト

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加