スポンサードリンク

ウォンテッド-韓国ドラマ-あらすじ-最終回-感想付き

「韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-概要」


スポンサーリンク



「韓国ドラマ-ウォンテッド」

ウォンテッドの最終回のあらすじです。

息子を見つけたチョン・ヘインは、すべてを忘れてしまおうとしますが、

息子ヒョヌの父親であるテヨンが残したUSBの内容を知り、考えが変わります。

USBには、テヨンがグループ代表の兄と話した会話が入っていたのです。

テヨンは、兄のハン・テソプに加湿器殺菌剤の有毒性を認めて謝罪をするように説得するものの、兄はテヨンを脅迫します。

兄は、加湿器殺菌剤の有毒性を知りながら隠蔽し、真相を明らかにしようとしたテヨンを脅し、この世から追いやったのです。

チョン・ヘインは、ウォンテッドの最終放送を計画して、USBの対話内容を予告編に入れます。

予告を知ったハン・テソプは、直接放送に出演することになります。

チョン・ヘインは、最後の放送のために奔走し、やっとセッティングを終えます。

チョン・ヘインは、夫のところへ行き、離婚しようと言います。

もっと早く離婚すべきだったが、最後にお互いを利用しようと申し出ます。

そして、ハン・テソプの弱点を教えてくれれば、会社の株を譲渡すると伝えます。

チョン・ヘインは、加湿器殺菌剤による被害者をスタジオに招き、ハン・テソプの罪を明らかにします。


スポンサーリンク



記者が入手したテヨンの車にあったブラックボックスの映像には、テヨンが誰かに襲われている様子が撮影されていました。

そして、夫のジョンホが持っていた弱点というのが、この世から追いやる指示したのがハン・テソプという証拠だったのです。

誘拐の真犯人だったジュンク局長が入手した、加湿殺菌剤の有毒性に対する報告書も公開されます。

しかし、ハン・テソプは、決定的な証拠を見せられても、被害者の前で言い逃れをするのでした。

しかし、その後、警察によって逮捕されます。

人をこの世から追いやる教唆の疑いで逮捕されたハン・テソプでしたが、反省の色も見せず、謝罪もありませんでした。

チョン・ヘインは、事件当時のことを被害者に話します。

そして、夫が自分のために仕事を放棄したこと、自分の家庭だけを大切にして、他の人の痛みを無視したことを心から謝罪したのです。

ウォンテッドが終わってしまって寂しいですが、とても丁寧に作られていて俳優も上手な人が多く見ごたえがある作品でした。

「ウォンテッド-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-ウォンテッド-あらすじ-全話一覧

「ウォンテッド-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-ウォンテッド-キャスト

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加