スポンサードリンク

韓国ドラマ-のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-あらすじ-1話~3話

「韓国ドラマ-のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-あらすじ」


スポンサーリンク



こんにちは! 韓国ドラマ大好きっ子です!

今回お届けするドラマ「のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ」!

初回視聴率は8.5%でスタートし最終回視聴率4.9%で幕を閉じました!

今回のドラマはあの日本でも人気をはくし映画化までされた“のだめカンタービレ”のリメイク版です!

主人公のネイル役にシム・ウンギョン!

そして天才音楽家の先輩役にはチュウォン!

ウンギョンは日本でのだめ役だった樹里ちゃんにもそっくり

玉木宏の演じた先輩役もチュウォンと雰囲気は似ていませんが冷たい感じがはまり役

日本ののだめと韓国のネイルが一緒に移った写真を見ましたがホントに似てる

韓国でののだめがどんな感じになるのか楽しみですね!

全16話バージョンでお届けします♪♪

では早速始めちゃいましょう~!

「韓国ドラマ-のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-1話」

チャ・ユジン・・・

彼は天才的な腕を持ち非の打ちどころのないハヌム音楽院の生徒です。

ユジンの憧れ世界的にも有名なマエストロ(指揮者)セバスチャン・ビエラ!

彼に憧れ自らもマエストロになることを夢見ますが・・・。

ユジンは幼い頃の事故の後遺症で飛行機に乗ることができず・・・
留学できないでいるのでした・・・。

ユジンは方向性の違いからピアノ科の教授ト・ガンジェともめてしまいます。

さらに彼女だった声楽家のミス・ハヌムでもあるチェ・ドギョンにまで馬鹿にされ酒に溺れるユジン。

そのまま道端で眠りこんでしまいます。

妙なピアノの演奏で目を覚ますユジン。

ふと見ると汚い部屋の中で楽しそうにピアノを奏でるソル・ネイルの姿・・・。

ネイルは済州島出身のピアノ奏者です!

この出会いがユジンにとっての悲劇幕開けに・・・

ネイルとの出会い後ネイルに振り回され続けるユジン。

しかしユジンは不思議と音楽への情熱を取り戻していくのでした。

そん時・・・学校に新たに指揮者を招いてオーケストラが結成されるという噂が飛び交い始め・・・!!

「韓国ドラマ-のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-2話」

ネイルとの出会いで音楽への情熱を取り戻し始めたユジン。

ネイルはそんな才能あふれるユジンにスッカリ心を奪われています

しかしユジンの家にあのミス・ハヌムのドギョンが入っていくところを見てしまい・・・!

ユジンに女の影を感じショックから立ち直れないネイル。

そんなネイルに友人イラクルがピアノの伴奏をやってほしいと頼みます。

しかしネイルは心ここにあらず・・・

構内で怪しいおじさんに出会ったネイル。

意気投合しておじさんをユジンの家に連れていきます

しかしおじさんはユジンの部屋にあったビエラの写真を見て出て行ってしまい・・・!

あのあかしなおじさんは学校長の招いた世界的指揮者フランツ・シュトレーゼマンでした!

しかしシュトレーゼマンはなぜか構内で落ちこぼれている生徒ばかりを集めてSオケを結成して・・・!!


スポンサーリンク



「韓国ドラマ-のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-3話」

やはり世界的指揮者になることを諦められないユジン。

ユジンはシュトレーゼマンに指揮科への編入を願い出ますが・・・!

ユジンの部屋でビエラの写真を見ていたシュトレーゼマンはタダでは入れられないと話し・・・!!

シュトレーゼマンから無茶ぶりをされたユジン。

しかしユジンは任務を遂行すべくネイルの助けを借りながら走り回ります!

そんな時ネイルに不思議な嫌がらせが・・・!

ネイルの助けもありシュトレーゼマンにSオケで指揮をとってみるよう言われたユジン。

張り切って指揮を執りますが・・・

纏まりのないオケに次々とダメ出しを始めるユジン。

そんなユジンに新たな指令をシュトレーゼマンが下して・・・!!

「韓国ドラマ-のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-感想」

内容はかなり忠実に作られていましたね

ネイルとユジンのやり取りが笑えます!

そしてこのドラマに美味しい笑いを与えるシュトレーゼマン!

韓国版でも笑えました

オケの収集を任せられたユジンでしたがうまくいくんでしょうか

次回をお楽しみに~!

「のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-キャスト」紹介はこちら↓

「のだめカンタービレ ネイルカンタービレ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-のだめカンタービレ~ネイルカンタービレ-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加