スポンサードリンク

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-7話~11話-感想付き

「韓国ドラマ-その女の海-あらすじ」


スポンサーリンク



「その女の海」

韓国ドラマその女の海7話のあらすじと感想

自分の娘が夫の妾と一緒に暮らしていると知って心を痛めるスノクの母。

自分を心配している母の前では、平気なそぶりをみせ、見えない所では涙を流すスノク。

スノクの母は娘に秘密にして、婿のドンチョルを呼び出しお金を渡します。

韓国ドラマその女の海8話のあらすじと感想

心を入れ替えたドンチョルは、工場で必死に働き始めました。

ヨンソンとスノクも穏やかにすごせるようになります。

けれども、ドンチョルは再び金銭トラブルに巻き込まれてしまいます。

そして工場の仕事も辞めてしまいました。

韓国ドラマその女の海9話のあらすじと感想

ドンチョルは、クォン社長の危機を救います。

ドンチョルとヨンソンの息子ミンジェが、そこで見つけた懐中時計に興味を示します。

その頃、スインは、学校の劇で主役を射止めます。

ドンチョルが初めてスインを褒め、スインは喜びます。


スポンサーリンク



韓国ドラマその女の海10話のあらすじと感想

ミンジェが海辺でいなくなってしまいます。

家族や近所の人たち総出で探しますが見つかりません。

そして、家に警察がやって来て、衝撃の言葉を告げます。

警察はミンジェの事ではなく、ドンチョルの事で訪れたのでした。

韓国ドラマその女の海11話のあらすじと感想

10年の時が経っています。

スノクとヨンソンは、共同経営でクッパのお店を経営していました。

家庭の経済定期な事情で大学進学を諦めたスインも、自分で入学金を貯めようとしていました。

そして、工場の経理として働くことにします。

その頃、ドンチョルが出所してきましたが周囲の人々からは冷たい扱いをうけます。

元RAINBOWのオ・スンアが主演ということでも話題を集めたその女の海は、切ない人間模様を描くヒューマンストーリーです。

ミンジェがいなくなっていまい、ドンチョルは逮捕されてしまうという衝撃の展開が続きました。

そんなことがありながらも力をあわせ暮らしてきた家族のもとへ出所したドンチョルが帰ってきますが、周囲は冷たく扱います。

スインは大学進学の夢を叶える仕事を始めたばかりです。

ドンチョルの冤罪がはれる日は訪れるのでしょうか。

次回もその女の海を見逃せません。

「その女の海-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-その女の海-キャスト

「その女の海-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加