スポンサードリンク

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-42話~46話-感想付き

「韓国ドラマ-その女の海-あらすじ」


スポンサーリンク



「その女の海」

韓国ドラマその女の海42話のあらすじと感想

工場が倒産するかもしれないと聞いたスインと社員たちは落ち込みます。

セヨンとジョンウクは一緒に暮らせるようになりました。

ソヌの祖母で製粉工場の社長グムレは、ソヌが苦労しているという報告を受けますが助けようとはしません。

スインは失った信頼を回復するようにしようとソヌを説得していました。

韓国ドラマその女の海43話のあらすじと感想

ジョンウクは、チョンギル製粉と契約しようとグムレのもとを訪れます。

スインとソヌは、工場再建を目指し、取引先をまわりますが相手にしてもらえません。

その道中で2人は、道で泣いている子供を見つけます。

韓国ドラマその女の海44話のあらすじと感想

ソヌは、スインが経理として働いたことがあると聞いたことがありました。

そこで首になった工場長が管理していた書類と会計業務をスインに任せます。

グムレは、ソヌにお見合いをするように勧めます。

その頃、チョンギル製粉との契約を期待していたセヨンの父ジェマンをグムレが突然訪ねます。


スポンサーリンク



韓国ドラマその女の海45話のあらすじと感想

セヨンの父ジェマンと母スッキが、ジョンウクを婿として認めません。

その頃、ソヌは、グムレから経営資金を貸してもらうことになりました。

スインは、工場の経理業務を任されます。

ある日、スインは工場の階段で倒れているグムレを発見します。

韓国ドラマその女の海46話のあらすじと感想

スインは、家族と離れソウルで暮らしていますが、セヨンと遭遇します。

ジェマンは、グムレが入院していると聞き、お見舞いに行き、ソヌと対面します。

その頃、セヨンはジョンウクの家族のために、ソウルに部屋を用意してほしいとスッキに頼み込んでいました。

スッキはそんなことを頼ませているのはジョンウクの仕業だと考えてしまいます。

スインにまたもや困難や試練が訪れるのかとはらはらする展開でした。

ジョンウクはセヨンの家族と苦戦しています。

セヨンとジョンウクとの関係が安定してくれないとスインにとばっちりがいつ訪れてもおかしくない状況で見逃せません。

その女の海は、1970年代の韓国を舞台に生きる人々の姿を描いた人気韓国ドラマです。

「その女の海-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-その女の海-キャスト

「その女の海-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加