スポンサードリンク

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-1話-感想付き

「韓国ドラマ-その女の海-あらすじ」


スポンサーリンク



「その女の海-あらすじ-1話~6話」

韓国ドラマ「その女の海」は、1960年70年代の時代を舞台に、周囲からのひどい仕打ちを受けながらも、

血のつながりより深い愛情でつながっている母とその2人の娘が、成長していく様子を描いたヒューマンドラマです。

オ・スンア演じる、ユン・スインは成績優秀で、正義感に溢れた性格の持ち主で、ユン・ドンチョルと本妻パク・スノクの長女です。

スインには、ハン・ウンソ演じる、世間知らずの女子高生ユン・ジョンインという妹がいました。

スンアが幼い頃、父のドンチョルは家を出て、妾であるヨンソンとその子供であるスインの異母兄弟となるミンジェと暮らしていました。

ある日、本妻であるスノクは、ドンチョルとヨンソンが仲睦まじく食事をしているところを見かけ心を痛めてしまいます。

心優しいスノクは、ヨンソンがミンジェを産んだ時も、運命だと言い聞かせ受け入れたのでした。

そんな中、家庭の事情から、スンアは妹と共にヨンソンとミンジェと一緒に暮らすことになります。

ある時、スインは、自分の不注意からミンジェを死なせてしまいますが、それでもヨンソンは、スインを自分の子供のように愛情を注いで育てるのでした。


スポンサーリンク



やがて成長し、生活が苦しいため大学に行けないスインは、学費のためにグクス工場で働き始め、

そこで、キム・ジュヨン演じる管理部長のチェ・ジョンウクに恋をします。

スインは、ミンジェのことをずっと罪悪感を抱えながら生きていて、そんな罪の意識とその辛さを理解し、

守ってくれるジュヨンに次第に惹かれていくのでした。

ジュヨンは野心のある男性で、貧しい農家の大家族の長男に生まれ、生活が苦しい中、

自分だけ大学に行かせてくれた両親に対して感謝しながらも、家族を養っていく使命感を負担に感じることもあり、

スインの存在が唯一の癒しになっていきます。

愛と野心、そこにジュヨンに思いを寄せるグクス工場の一人娘チョン・セヨン、製粉工場の社長の孫でスインに惹かれていくキム・ソヌが加わり、ストーリーは次第に絡み合っていきます。

愛の行方と、本妻、妾の心情など、結末はどのように向かっていくのかとても気になります!

「その女の海-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-その女の海-キャスト

「その女の海-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-その女の海-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加