スポンサードリンク

韓国ドラマ-お父さんが変-キャスト-登場人物

「韓国ドラマ-お父さんが変-キャスト」


スポンサーリンク



「お父さんが変」

韓国ドラマは「お父さんが変」は家庭的な両親と個性が強い4人の子供たちが暮らす家に居候することになった、

元アイドルの俳優が訪れたことで始まるホームドラマです。

主演はリュ・スヨンとイ・ユリで、リュ・スヨンは8年前に別れたヒロインが気になるK放送会社芸能局に所属する冴えないプロデューサーであるチャ・ジョンファンの役を演じます。

そしてイ・ユリはチャ・ジョンファンが気にしているヒロインであり、ピョン家の長女であり才色兼備な大手法律事務所の弁護士でもあるピョン・ヘヨンの役をつとめます。

リュ・スヨンはデビュー当時、チョン・ウソンとそっくりな外見だったことから「第2のチョン・ウソン」と呼ばれていました。

その外見が放送関係者に注目されたおかげで2001年の映画「サマータイム」に新人でありながら主演をつとめましたが、評価は散々なものでした。

しかし1年かけて演技の経験を積んだ彼は2002年のドラマ「明朗少女成功記」で演じた冷酷な性格のオ・ジュンテの役をこなし、

映画の失敗というレッテルを払拭させることができました。

その後は2004年のドラマ「最後のダンスは私と一緒に」や2005年のドラマ「十八、二十九」、2007年のドラマ「不良カップル」など様々なドラマに出演し、

2013年に放送された軍隊体験番組「本当の男」では視聴者の好感を上げたことが話題となりました。


スポンサーリンク



一方、イ・ユリは1999年に芸能活動を始めた女優です。

翌年にドラマ「学校IV」の新人オーディションで落選したものの、

プロデューサーに「端役でもいいから出演させてくれ」とせがんで女優デビューしたエピソードは広く知られています。

その後、2001年のドラマ「愛はこのようなもの」や「明成皇后」での演技が評価され、

2002年のドラマ「Loving You」で演じた悪女であるチョ・スギョンの役はでイ・ユリの名は不動のものになりました。

それからも数多くのドラマに出演しており、2004年からは映画でも活躍しています。

他にも「美しき人生」や「太祖王建」に出演したキム・ヨンチョルや「冬のソナタ」や「ピノキオ」などのキャストの経験があるキム・ヘスクがいます。

「お父さんが変-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-お父さんが変-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加