スポンサードリンク

韓国ドラマ-うちに住む男-あらすじ-5話~7話-感想付き

うちに住む男-画像

「韓国ドラマ-うちに住む男-あらすじ」


スポンサーリンク



「うちに住む男」

韓国ドラマうちに住む男5話のあらすじと感想

ナリは、パニック障害の症状を見せるナンギルが気になります。

その頃、ビョンウは、ナンギルから渡された借名口座の資料を確認します。

そして、自分に関する弱みをナンギルが握っている事に気がつき苛立ちます。

ナリは、借金、ナンギル、タダ金融の関係性について調べようとしていました。

その中で、村の人達から直接話を聞き、ナンギルと母ジョンイムに隠された過去があったことを知ります。

韓国ドラマうちに住む男6話のあらすじと感想

ナリは、ナンギルに危険が迫っていることをを現実として受けとめるようになります。

幼いときのナンギルとの記憶を思い出していきます。

ナリは、ナンギルを抱き締め、心苦しい戦いに終止符を打とうとしますが、ナンギルは店と家に関する全ての責任を果たすと誓います。

ナリは困惑してしまいます。

その頃、泥酔したヨジュがナリの家を訪れます。


スポンサーリンク



韓国ドラマうちに住む男7話のあらすじと感想

ナリ達の家に刑事が突然やってきて、ナンギルを連行してしまいます。

ジョンナムに対する容疑が掛けられていたからです。

けれども、ナリは何が起こっているのか理解ができません。

ナンギルについて行ってほしいとドンボクへ頼みます。

同行したドンボクに対して警察側は何かを取り繕うような姿を見せます。

ドンボクは、タダ金融が裏で動いていることを見抜きます。

そして、帰宅すると、ナリやナンギルと共に今後の展開を話し合います。

けれども突然、彼としてナリのそばにいたいと言いだします。

警察を裏で動かしているタダ金融は次に何をしかけてくるのかも気になりますが、シリアスな空気の中でのドンボクの突然の告白からどのように人間関係が動いていくのかも目が離せません。

人気韓国ドラマうちに住む男は、スエとキム・ヨングァン、チョ・ボアが切ないけれどコミカルなシーンも演じるロマンス物語です。

演技派女優であり涙の女王として知られるスエが、ただ切ない女性としてだけでななく、個性的で可愛らしく面白い女性を演じます。


スポンサーリンク



「うちに住む男-キャスト」紹介はこちら↓

韓国ドラマ-うちに住む男-キャスト

「うちに住む男-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-うちに住む男-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加