スポンサードリンク

韓国ドラマ-いつも春の日-あらすじ-1話~3話-感想付き

「韓国ドラマ-いつも春の日-あらすじ」


スポンサーリンク



「いつも春の日-1話」

幼少のころからミョンシクは貧困な生活をしていました。

親からの借金まで抱えさせられていたミンシクは苦悩の中にいました。

養育ができなくなって姉妹で双子の娘たちをも手放てしまうことになってしまいます。

娘のセウンは貧困生活が嫌でたまらなかったのですが、

ミョンシクの弟宅はお金持ちだったので弟で叔父ムンシク宅で生活したいと望んでいたのです。

もう1人の愛娘インジョンは、高校の先生に薦めで卒業後に軍人になりますが、

そして軍人を除隊したインジョンでしたが未婚のままで幼稚園にかよう娘も連れていました。

「いつも春の日-2話」

車を運転していても通行している女性ばかり気にしているユノは自分が知っている女性と似ている人を双子のセウンを見かけたことで驚いてしまいます。

元の恋人のインジョンに似ていたということでした。

そんなユノの未練が大きな展開をしてくれる切っ掛けにもなりそうです。

その頃、ミョンシク&インジョンの2人は夜遅くまで父親の借金のことで話しをしていました。


スポンサーリンク



「いつも春の日-3話」

ミョンシクは、父親テピョンがつくった借金を増額したというの件で、

気持ちが穏やかではありませんでしたがこの借金の件をわかったことで家族達でなんとかして返済する方法を探すことなりました。

そこでもそのことで文句ばかりのチョンシムでした。

その頃、会場に着いたインジョンは驚いてしまいます。

「いつも春の日-感想」

娘を手放してまで、親の借金の返済を抱え込むミョンシクですが、相続放棄はできなかったのでしょうか?だとしても裕福な生活ができる弟ムンシクもいることだし、

親の借金なら裕福な家庭なら助ける方法はいくらでもあると思いますが、不思議です。

双子の娘のインジュンの出方に今後の展開が期待できそうです。

娘2人はKRグループに入社できて裕福な生活ができそうでよかったです。

早くテビョンと縁をきれれば問題はないんですが、

ミョンシクの性格ではそれができないというところがイラとくるところです。

「いつも春の日-キャスト」紹介はこちら(関連サイト)↓

韓国ドラマ-いつも春の日-キャスト

「いつも春の日-あらすじ-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-いつも春の日-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆


スポンサーリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加