スポンサードリンク

韓韓国ドラマ-あの空に太陽が-あらすじ-7話~12話-感想付き

TV小説-あの空に太陽が-画像

「韓国ドラマ-あの空に太陽が-あらすじ」


スポンサーリンク



あの空に太陽がは、酷い継母から逃れ、ソウルで超一流の女優になるサクセスストーリーです。

「あの空に太陽が-あらすじ-7話」

第7話では、イギョンは夜間学校で命の恩人のチャ・ミヌと教師と生徒の関係で再会します。

しかし、継母マルスンはイギョンの前借りした示談金を全て花札で使い果たしてしまった為、

イギョンを愛人にしようとするチェ社長がソウルにいる事を知った同居人ぺ・チュンジャがイギョンに知らせようとしますが手遅れとなってしまいます。

「あの空に太陽が-あらすじ-8話」

第8話では、同居人ぺ・チュンジャの努力も虚しくスンリ運輸に来たチェ社長にイギョンが捕まってしまいますが、

偶然訪れたぺクド映画社代表のナム・ジョンホに助けられ難を逃れますが、継母マルスンの愚行を知り落胆します。

ミヌは、自分の脚本が後輩ヒエのペクド映画社で盗作された事を知り、ヒエの兄ジョンホに激怒し直談判しようとします。

「あの空に太陽が-あらすじ-9話」

第9話では、再びチェ社長につかまりそうになりますが、ジョンホの時と同様にチェ・ミヌの助けで再度命拾いします。

しかし、2度にわたり苦渋を舐めさせられたチェ社長は、手下を連れてスンリ運輸に乗り込みます。


スポンサーリンク



「あの空に太陽が-あらすじ-10話」

第10話では、同居人ぺ・チュンジャがイギョンの財布を盗んだ事を知り強硬な態度に出ます。

イギョンの勤務先のスンリ運輸の社長ピョン・グンテとイ・ヒョヌク会長との黒い関係が表面化され、イギョンが危険な状況にある事がわかります。

一方、父ナム・テジュンと対立するジュンホはミヌに手を貸してくれる様に懇願します。

「あの空に太陽が-あらすじ-11話」

第11話では、バス事故の和解金が用意出来ず解雇の瀬戸際にあるチルボンを助ける為に事故の当事者のジョンホの元を訪れる一方で、

スンリ運輸で盗難事件が発生しイギョンに濡れ衣が着せられます。

「あの空に太陽が-あらすじ-12話」

第12話では、イギョンに横領の濡れ衣が着せられ、社長グンテからある提案がされますが、

イギョンはぺクトゥ映画社企画室室長キム・チュンシクに 証言を懇願するが断られます。

しかし、ミヌの心強い言葉とスンリ輸送の車掌の監督係コ・ソンランの言葉に望みをかけます。

「あの空に太陽が-あらすじ-感想」

姉貴分の筈のオ・グムスンとぺ・チュンジャの行動は非常に腹立たしく思え、やはりチェ社長とグンテ社長は同じ穴のムジナとは予想通りです。


スポンサーリンク



「あの空に太陽が-キャスト」紹介はこちら↓(関連サイト)

韓国ドラマ-あの空に太陽が-キャスト

「あの空に太陽が-全話一覧」はこちら↓

韓国ドラマ-あの空に太陽が-あらすじ-全話一覧

おすすめ-韓国ドラマの動画」はこちら↓

31日間無料で韓国ドラマを見る!<U-NEXT>

☆他おすすめ韓国ドラマのあらすじを読みたい方は、メニューやカテゴリー欄からお読み下さい☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加